相談している人達

日本では身近だった

お金を賭ける

南京虫駆除の費用相場

昼間は畳や壁の隙間で息をひそめて、夜になると行動を始めて眠っている人の皮膚にかみついて吸血する南京虫。トコジラミという別名はこうしたところからついた名前です。 かみついて吸血するだけならまだしも、かみつかれた後にアレルギー反応を起こして痒みを引き起こすため厄介な昆虫です。 そうした南京虫が室内に発生してしまった以上は、一刻も早い南京虫駆除を行わなければなりません。 南京虫駆除は薬剤を散布することが基本であり、市販の薬剤も売られていて誰でも手に入れられます。 しかし、南京虫はその性質上狭い隙間に沢山潜んでいるため、完全に駆除するのはそれなりに難しいです。 自分で行うのが困難だと思われたら、すぐに害虫駆除を専門とする業者に依頼するほうが確実で安全です。 南京虫駆除は多くの業者によって行われていて、そうした駆除業者に依頼した場合の平均的な相場としては5〜8万円程となっています。

南京虫と日本について

南京虫は現在はあまり見かけない昆虫となっていますが、かつての日本においてはどこにでもいる様な身近な昆虫でした。特に不衛生な環境では普遍的に存在していました。 こうした状況が大きく変わるのは昭和の中頃になってからで、南京虫に特に効果が高い殺虫剤が南京虫駆除に多く用いられたことで一般的には見かけないほどに数を減らしました。 そもそも日本に南京虫という昆虫は存在していませんでした。最初に日本に流入したのは室町時代から江戸時代で、南蛮貿易によって貨物や船員などにくっついて日本にもたらされました。南京虫(南京とは明の都)という名前はこうした経緯から名づけられました。 日本にもたらされた当初はその生息域は限定的でありましたが、幕末から明治時代になって全国的に広がりました。